1.目的

  • 自治体政策や自治体経営に関する国内外の先進事例の研究、新たなモデル開発等

  • 自治体職員の政策形成能力、政策評価能力、経営能力などの向上

  • 自治体職員間のネットワーク構築

    • 実務に有用な情報交換・意見交換、ノウハウや課題の共有など

  • 取り上げるテーマは自治体政策や自治体経営に関する事項とする。

    • 総合計画、行政評価、予算編成、行財政改革、住民参加・協働、人材育成など​

  • 研究会の成果を書籍や報告書等にまとめ、対外的に情報発信する。

 

2.メンバー 

  • 参加資格は原則として、自治体職員および元自治体職員とする。

    • 例外的に研究会のゲストスピーカー、公務員志望学生などは参加可能とする 

  • 会の目的に賛同し、活動に参加したい人。

  • 代表者をひとり置く。

 

3.組織体制

  • 会長をひとり置く。また幹事長、幹事(複数名)で構成する幹事会を置く。

  • 幹事の任期は2年とする。ただし、1回に限り再任を可とする。

  • 幹事会は、研究会の持続的発展のため、任期期間中の運営方針を決定する。
    【2020~2021年度 運営体制】
    •    会長  高崎経済大学地域政策学部・大学院地域政策研究科教授  佐藤 徹
    •    相談役 安中市副市長 粟野好映
    •    幹事  小金井市企画財政部行政経営担当課長 堤直規   
    •    幹事  上尾市市長政策室秘書政策課主幹 吉永広樹 
     

   •    幹事      一般財団法人自治研修協会リサーチパートナー 泉澤佐江子

   •    幹事     鹿嶋市政策企画部政策秘書課 茂垣諭
   •    幹事  豊田幸子
     •    オブザーバー  公職研編集部編集長 友岡一郎 

        

4.活動

  • 年2回程度の研究会の定期開催

  • 定例研究会のほか、交流会・セミナー・シンポジウム等の企画

  • ホームページの運営・情報発信

  • Facebookでの情報交換、意見交換等

 

5.事務局

  • 高崎経済大学地域政策学部・佐藤徹研究室と連携して事務局を担う。

6.会費

  • なし(必要であれば、研究会の時などに参加費を徴収)。ただし懇親会は会費制。

 

 

自治体政策経営研究会の軌跡

※敬称略、肩書は当時のもの

  • 設立準備会  2012/02/18(金) ホテル・ブリランテ武蔵野

    • 政策の優先順位づけと行政基幹システムとの相互関連性(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

    • 北上市の行政経営の現状と課題~ 政策形成、政策におけるプライオリティの議論に関する概要(北上市企画部政策企画課課長補佐 高橋謙輔)

  • ​第1回 2012/6/29(金) 埼玉県上尾市役所

    • 自治体行政における政策の優先順位づけシステムの構造と特徴(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

    • 戸田市の行政経営の現状と課題(戸田市総務部経営企画課 福田忠史)

  • 第2回 2013/5/17(金)​ 埼玉県上尾市役所

    • 行政経営に関する全国自治体調査の結果について(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

    • 施策評価での事業間の優先順位づけ・優先度づけに関する全国自治体調査の結果(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

  • 第3回 2015/2/20(金) 埼玉県上尾市役所

    • 施策評価と優先順位づけ(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

    • 自治体における総合計画と分野別計画の相互関係(三郷市企画総務部長 田中富雄)

    • 総合計画策定における対話型参加手法(高崎経済大学大学院 合田真梨菜)

  • 第4回 2016/3/18(金) 埼玉県上尾市役所

    • テーマ「政策の見える化:ロジックモデルの作成と活用」

    • ロジックモデルの意義と課題(弘前大学准教授・児山正史)

    • ロジックモデルを活用した「まち・ひと・しごと総合戦略の分析」-評価指標を中心に(中央学院大学准教授・林健一)

    • 総合討論(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

  • 第5回 2016/10/28(金) 中野サンプラザ

    • 政策体系とロジックモデル(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

    • ロジックモデルの意義と活用(静岡文化芸術大学教授 田中 啓) 

    • 東海市のツリー型ロジックモデル―ベンチマークを活用した総合計画(名古屋大学大学院博士後期課程、市民フォーラム21・NPOセンター 海川能理子)

    • ご当地自治体からの取組み報告:中野区の行政評価について(中野区経営室行政監理分野 落合麻理子)

  • 第6回 2017/2/17(金) 中野サンプラザ

    • PDCAサイクルとロジックモデル(高崎経済大学教授 佐藤 徹)

    • 神戸2020ビジョンのマネジメントについての報告(神戸市企画調整局政策企画部総合計画課計画調査係長 大漉実)

    • ロジックモデルと北上市(北上市企画部政策企画課行政経営係係長 佐々木範久)

    • ミニ・パネルディスカッション「ロジックモデルがマネジメントで活用されるためには」

  • 第7回 2017/10/19(木) 中野サンプラザ

    • 浦安市の協働をめぐる現状と課題~制度を中心として~(浦安市企画部協働推進課係長 泉澤佐江子)

    • 習志野市におけるプログラム評価の実践~ロジックモデルの作成と活用~(習志野市こども部児童育成課長 芹澤佐知子)

    • ディスカッション コーディネーター:佐藤徹(高崎経済大学教授)

  • 第8回 2018/5/25(金) 東京都小金井市 市民会館「萌え木ホール」

    • フューチャーデザインによる計画づくりの実践(岩手県矢巾町 企画財政課 課長補佐 吉岡 律司)

    • これからの総合計画-人口減少時代での考え方・つくり方(三鷹市総務部調整担当部長 一條義治)

    • ディスカッション コーディネータ:佐藤徹(高崎経済大学教授)

  • 第9回 2018/11/2(金) 中野サンプラザ​

    • 行政評価と総合計画を考える~中野区の実践例と改善案をもとに~

      • 中野区行政評価制度の現状・課題と改善案について(中野区北東部まちづくり課長 高村和哉)

      • 中野区外部評価制度の課題と改善案について(中野区北東部まちづくり課長 高村和哉)

      • コメンテータ:長野 基(首都大学東京准教授)

      • コーディネータ:佐藤 徹(高崎経済大学教授)

  • 第10回 2019/8/30(金) 中野サンプラザ​ 

    • ​​地方創生とSDGs~SDGsの理念をどのように総合計画に具現化し展開するか

      • 第1部

        • 基調報告『2030年の未来をかえる17の目標「SDGs」』高木超(慶應義塾大学政策・メディア研究科特任助教)

        • 事例報告「鎌倉市におけるSDGs の理念を取り入れた総合計画策定の取り組み」比留間彰(鎌倉市共創計画部長)

      • 第2部

        • パネルディスカッション

          • コーディネータ:佐藤 徹(高崎経済大学教授)

          • パネリスト(五十音順)

            • 高木 超(慶應義塾大学特任助教)

            • 田中 充 (法政大学社会学部教授)

            • 比留間彰(鎌倉市共創計画部長)

            • 増原直樹(総合地球環境学研究所上級研究員)

  • 11回 2020/1/17(金) 上尾市青少年センター 2階 会議室2・3 (埼玉県上尾市上町2-14-19) 

    • ​公共施設マネジメントを語る~理論と実務、本質・本音~ 

      • 第1部 理論と実務(取組事例紹介)

        • 上尾市公共施設マネジメントとアクションプラン

          • 上尾市 行政経営部 施設課 副主幹 松野雄司 主査  池田誠宏

        • ​川越市の公共施設マネジメント

          • 川越市 総合政策部 社会資本マネジメント課 副主幹 高野昌和

        • マイナス入札の取組

          • 深谷市 企画財政部 公共施設改革推進室 室長補佐兼係長 大野忠憲

    • 第2部 本質・本音(ディスカッション)

      • 本音で語るパネラー 松野雄司(上尾市施設課)

    •             池田誠宏(上尾市施設課)

    •             高野昌和(川越市社会資本マネジメント課)

    •             大野忠憲(深谷市公共施設改革推進室)

      • コメンテーター   佐藤 徹(高崎経済大学地域政策学部教授)

  • 12回 2021/3/13(土)15時~17時 Zoomによるオンライン開催

    • ​新著『エビデンスに基づく自治体政策入門-ロジックモデルの作り方・活かし方』(公職研)の出版記念イベント

 

 

 

 

  • ​​第13回 決まり次第、お知らせします。

★雑誌『季刊 自治体法務研究』No.64、2021年春号(発行:一般財団法人 地方自治研究機構)に、「自治体政策経営研究会」の紹介記事を寄稿しました。転載許可を得て、全文をシェアします。こちらをクリック。

 2021年11月28日 ロジックモデル研究ユニット・キックオフミーティングを開催

【ロジックモデル研究ユニット始動!】
 様々な分野で実務経験を持つ全国の自治体職員等50名のメンバーで組織する

「ロジックモデル研究ユニット」が発足し、過日キックオフミーティングを開催

しました。
 この研究ユニットは、2021年2月に刊行された『エビデンスに基づく自治体

政策入門―ロジックモデルの作り方・活かし方』(公職研)をベースに、各種政

策分野で実施されている事業のロジックモデル分析を通じて、複数の基本モデル

(型)を導き出すとともに、研究過程を通じてロジックモデル作成の技術を習得

することを目的としています。
 今後は政策分野別にチーム編成を行い、研究を進めていきます。

 

 

 
output (1).jpg

自治体政策経営研究会

DSC_1348.JPG
第12回研究会チラシ_page-0001.jpg
自治体政策経営研究会TOP.png
第12回研究会チラシ_page-0002.jpg
キックオフ会合スクショ.png